感じたこと

一期一会

私は人との交流が苦手でした。

必要ない限り目を合わさないようにして、関わりを持たないようにするのが常でした。

夫は私と違い知らない人に話しかけます。

お店のレジの人とも普通に雑談をするのです。

たった一瞬だけど生まれる人間的な交流。

それを見ていて、人と関わるのも悪くないかもと思うようになりました。

 

ある日夫と路線バスに乗った時のことです。

「旦那さん、いい男だね。」と話しかけてきた初老の男性がいました。

茶色のハンチング帽に茶色のサングラス、人懐っこそうな笑顔を浮かべています。

おじさんは続けて「旦那さん、なにどし?」と聞いてきます

私はちょっと面食らいながら「丑年です。」と答えました。

 

そこからおじさんは丑年は真面目で浮気しない、私の卯年は夜遊びして浮気するだのと話がとまりません。

私は思い立って「お父さんの干支はなんですか?」と聞いてみました。

するとおじさんは酉年で特徴はちゅんちゅんうるさい、と言うではありませんか。

まさにおじさんのことだと思いぷっと笑ってしまいました。

 

バスを降りてこの短いやりとりを思い返しました。

オチも面白かったけど嬉しかったのは、そこにひと時の交流があったことです。

おそらくおじさんにまた会うことはないでしょう。

でも確かに楽しい交流をしたのです。

人との交流が苦手だった昔を思い出し、こんなことが楽しめるようになったと嬉しくなったのでした。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。