夫婦の対話

お金がないのが問題なのではなくて、お金の不安を話せないのが問題

夫婦の間で

お金の話、してますか?

 

お金の使い方や貯め方、稼ぎ方など

一緒に生きていくとなったら

お金の話は避けて通れません。

 

自分たち二人のことだけではなくて

子供の将来のためにとか

両親の介護とか

相続のこととか

病気で入院するとか

結婚当初は想定していなかったことで

たびたびお金の問題は発生します。

 

でもお金に関する価値観は本当に人それぞれ。

そしてお金は人の感情を増幅するものでもあります。

 

なのでお金の件でもめてしまう

お金の件に触れずに蓋をしてしまう

 

なんてこと

あるあるなのです。

 

そういうとき

私たちは

 

「お金さえあれば、この問題は解決するのに」

 

と思いがち。

でもそうではないのです。

お金はいくらあったとしても

お金にまつわる不安や恐れは無くなりません。

 

金持ちなら金持ちなりにお金がかかるし

失う恐れも大きくなります。

 

それじゃあ何があったらいいのかといえば

 

夫婦二人で

「お金の不安」について語り合えることが大切なのです。

 

自分たちが抱えるお金に関する焦りや不安

それを言葉にしてしっかり話し合えることができたら

二人の心が繋がり心が落ちつきます。

 

そうして落ち着いて状況をみたら

今すぐにそれほどおおごとではないことがわかったり

もしくは本当に危機的だとしても

二人で乗り越えよう

と一緒に協力することができたりします。

 

でもお金の恐れがやってきた時

私たちはつい

相手を責めるか

自分を責めてしまいます。

 

相手を責めてしまったら

相手は冷静に話を聞けなくなるし

自分を責めてしまったら

自分の力を失います。

 

自分のことも相手のことも責めずに

ただ

「今、急に大金が必要になって不安だわ。」

とか

「そうだね、お金が足りなくなる気がして焦ってしまう。」

と二人で言えたら

 

問題はほとんど解決したようなもの。

二人の気持ちが一つになれば

その先はどうとでもなるからです。

 

もし、あなたが

お金の不安を感じた時は

素直に不安だと言ってみましょう。

それからもし、相手に不安を打ち明けられたら

受け止めてみてください。

 

 

 

お金の不安にとらわれてしまう私

 

実際には

私もまだまだお金の不安にとらわれてしまいます。

 

収入が減ったり支出が増えれば

お金が足りなくなるような気がして不安になるのですね。

 

それでつい

「お金が足りないよ〜」

「お金がなくなるよ〜」

と言ってしまいます。

 

で、その度に夫と二人で嫌な気分になってしまいます。

 

それで最近はできるだけ

「お金が足りなくなりそう、という不安がやってくるの」

と言うようにしています。

 

そうすると夫が

「そうだよね、不安になるよね。」

と受け止めてくれるので

 

一人で不安を抱える必要がなくなり気持ちがとても楽になります。

 

その後、どのような対処をするにしても

二人のつながりができていると

楽だしうまくいくのですね。

焦りや不安で苦しい時は心が繋がっていないサイン。

 

そういう時は不安を打ち明けるところに立ち戻るようにしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。