夫婦の対話, 日々の出来事

負けてみるキャンペーン質問をいただきました

1週間ほど前
 
自分が負けられない女だと気づいたので
 
負けてみるキャンペーンやってみます。
 
 
という記事をアップしました。
 
 
読んでくださった方
 
ありがとうございます(^^)
 
 
関連記事はこちら
 
 
 
 
 
その記事に質問をいただいたのでシェアしますね。
 
 
★★
Aさんより
 
ブログに
 
「優しい柔らかい女性になりたいのに
 
これじゃあ強くて可愛くない女だな・・・」
 
と書いてありますが
 
 
ええと、謝らなくて可愛くないのが、いけないのかな?
 
日本文化では、女性は可愛いのが最上だとみなされているようです。理知的で弁が立つのはよろしくない。可愛げがないと言って敬遠される傾向がありますね。理系に進学する女子比率の低さに関係していると思う。
 
〜中略〜
 
それでなくても、世界一すぐ謝る🙇‍♂️🙇‍♀️のが日本人ではないかな。延々と言い訳して決して謝らない人たちは、異文化には結構いますよ。
謝る=負け
という文化もあります。
陽妃さんがそちらの文化に生まれていたら、全然直す必要が無い笑
その文化で、夫婦関係がどうかは、知りませんが。
 
〜略〜
 
★★
 
 
 
で、私が書いたお返事がこれです。
 
 
 
★★
 
Aちゃん
 
先日のメルマガに感想・質問をありがとう!
 
そうだね〜。
 
最終的にはなんでもかんでも謝らないといけないとは思ってないよ。
すぐに謝るのがいいこととは限らないからね!
 
ただ、私自身が柔らかい女性になりたい、というのがポイントね!
 
そうすべき、ではなく、そうしたい、のよ。
 
でも、負けられない、謝れない、のは
恐れから。
人のエネルギーが入ってくるのが怖いのね。
 
でもその恐れを手放すために、とにかく一度負けきってみようと思ったの。
色々面白い変化が起きてるよ。
 
また読んでね〜。
 
陽妃
 
 
 
 
 
 
★★
 
 
 
 
 
 
 
質問ありがたいですね〜。
 
自分でお返事書いていながら
 
何を伝えたかったのか改めて考える機会をもらっています。
 
 
さて、それで
 
その後の話があるので
 
今日はそれも書き加えましょう。
 
 
 
おかげ様で負けてみるキャンペーンを続けていると
 
自分のことを好きになれたり
 
 夫が優しくなったり
 
いいことがたくさんありました。
 
 
私の負けたくない!と言う気持ちが薄れると同時に
 
肩の力が抜けて楽にもなりました。
 
 
 
 
 
 
でも、しばらくして再び!
 
どうしてもどうしてもこらえきれないことがあって
大爆発してしまったのです〜〜!
 
 
その時、私は爆発しつつも
 
せっかくのチャレンジが水の泡か〜
 
と頭のどこかで思ってました。
 
 
 
せっかく負けてみるキャンペーンやってたのに
 
やっぱり私は負けられない女なのかと・・・
 
 
でもしばらくして頭が冷静になってくると
 
そう、どうしても譲れないところはしっかり主張することも大事だ
 
というところに戻ってきました。
 
 
私がどうしてもおかしいと思うこと
 
受け入れられないと思うことに関しては
 
はっきりと折れずに伝えきることも大事なのです。
 
 
要は何が大事で
 
何が譲れるのかということを
 
自分が良く知っていることが大切なわけです。
 
 
大事だから怒っていい、と言うわけではありませんが
 
大事だと言うことを主張しようとすると
 
情熱がでて熱くなってしまうことはあります。
 
 
それはそれでいいのですね。
 
 
ただその時
 
相手を下げようとか
 
相手を負かしてやろうとか
 
そういう考えはいらないのです。
 
 
 
私にとって、これは大事だ!
 
それは譲れないのだ!
 
と、はっきり伝えること。
 
 
 
これは自分を大事にするという意味でも
 
忘れちゃいけないことですね。
 
 
 
というわけで
 
負けてみるキャンペーンは引き続き続けます。
 
 
私が意固地にならなくていい場面
 
無理に勝ちにいかなくていい場面では
 
引いてみる
 
負けてみる
 
 
 
でも
 
大事だと思ったことは大事だと伝える。
 
 
このバランスをしっかりとれるようになったらいいな、と思います。
 
 
質問をくださったり
 
読んでくださってありがとうございます。
 
 
 
また何か変化がありましたら書きますので
 
楽しみにしててくださいね。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。