夫婦の対話, 日々の出来事

反省から感謝で心がぽかぽかした日

今日、旦那さんとのやり取りの中で

私が

旦那さんが色々してくれていることにあまり感謝していないことに気づきました(汗)

 

それどころか

してくれないことばかりにフォーカスして

怒ってイライラしていたのです(爆)

 

今日はそのイライラをひとしきりぶつけ喧嘩になり・・・・

実はその後

旦那さんの運転で私の実家に向かう予定でした。

 

私は喧嘩をしても

実家に行くことは予定として決まっていたので

当然だぐらいにしか思っていませんでした。

 

で、旦那さんもイライラしながら付き合ってくれるのですが

運転の荒いこと!

 

私は当然の権利として

「怖いからやめて!」

と訴えました。

 

それからしばらくして

旦那さんに言われたのです。

 

「僕は散々君に責められて、一緒に実家に行かなくたっていいんだ。

一人で行けばいいのに、とも思ったよ!」

「いったい僕はなんなんだろうとすら思うよ!」

 

と。

 

そう言われて、ぐうの音が出ません。

確かにそうです。

 

彼は喧嘩してモヤモヤしているのに

私の都合に合わせてくれているのです。

 

なのにそのことに対して私が感謝してない。

 

それどころか

最初、車の中で私もイライラしっぱなしでした。

 

で、

「運転怖いからやめて!」

とまたイライラしてたのです。

 

 

 

彼はいつも

私が実家に帰る、というと車を出してくれます。

そして私の両親や祖母に

あれこれとよくしてくれます。

時には私よりも両親や祖母のことを案じてくれます。

 

そんな風に私の家族に接してくれることが

どれほど素晴らしいことなのか・・・・

 

私が彼に求めていたことと比べて

どっちが素晴らしいだろう?

 

彼に言われて恥ずかしくなりました。

「私、感謝が足りなかったね・・・、ごめんなさい・・・。」

 

ひとしきり謝って思い返してみると

次々と

彼が日頃から私にしてくれていたことが思い浮かびました。

 

あんなこともこんなことも

こんなにたくさんしてくれてるじゃない!

という感じで、すーっと心に入ってきました。

 

「本当にたくさんやってくれてたね・・・。

ありがとう。

あなたってかっこいいね!」

 

と彼に伝えたら

 

「ようやく受け取ったか。」

ですって。

 

そんなこんなで

最初は自分が感謝していないことを突きつけられて

恥ずかしくて反省したけど

その後

たくさんしてもらってきたことを思い出し

あ〜こんなに愛されていたのか・・・・。

とほっこり暖かい気持ちになったのでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。