未分類

不満を感じるからといって、愛が減るわけではない

昔は

相手に不満を感じた時

相手に直してもらいたいと思っていました。

 

そして相手が私に不満を感じた時

自分が直さないとダメだと思っていました。

 

愛情や友情を長く続けるには

不満を感じる状況は

努力して消していく必要があると思っていたのですね。

 

でも最近はそう思っていません。

相手が不満だからと言って

私が無理して自分を変える必要がないこともあります。

 

それは逆のことも言えるでしょう。

 

私が不満を感じていても

相手が無理して自分を変える必要がないこともあるのです。

 

そういう時

不満を感じる自分や相手を許しつつ

お互いに変わらないことも受け入れていく

それも大事なんだな〜と最近つくづく思います。

 

不満がある=愛せない

 

ではないのですね。

 

不満をなんとかすることばかりに意識がいくと

そこに愛があることを見落としがちになります。

 

親の言い方や

親の生き方に不満があるからと言って

 

親を愛していない子供なんていないように

 

子供のやり方や

子供の生き方に不満があっても

 

子供を愛していない親はいないように

 

相手に不満があるからと言って

愛が減ったりするわけではないのです。

 

そう思えてくると

人間関係がだいぶ楽になっていく気がします。

 

お互いに不満があっても

愛情や友情が揺らぐわけではない。

 

相手の幸せを願う気持ちは

きっと本物です。

 

不満があっても愛している。

不満を持たれていても、愛されている。

 

なんかそんなことを深く感じる

今日この頃です。

 

★ブログに訪問ありがとうございます★

こんにちは!夫婦の対話・感情の学校を主催している 天乃陽妃(あまのてるひ)です。

皆様が読んでくださっていることが励みになっております(^^)

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

★感情の学校youtube★

自分ってダメだな〜と落ち込んだ時にみる動画

★感情の学校詳細はこちら★

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。