感じたこと

素直でありたい

私は感情表現が苦手でした。

嬉しい時も悲しい時も寂しい時も、そんな心の内を気取られないように感情を消していました。

つい冷静沈着で落ち着いている仮面をかぶってしまうのです。

それは、感情的になったらみっともない、嫌われてしまうと思っていたからでした。

落ち着いた安全な人になりたかったのです。


理性的であることは、その場をやり過ごすためには役に立ちます。

でもある時、誰とも繋がった感じがしていないことに気づきました。

それは今から考えれば当然です。

周りにいる人の誰にも私の心の内を見せていなかったのですから。

誰が私のことを理解しているの?聞かれれば、「誰もいない」と答えたでしょう。

 

本気で人と繋がりたいと思った時、長年封印していた自分の感情を紐解きました。

溢れ出るのは怒りや悲しみ、孤独、絶望・・・、そして喜び。

それらの感情を隠さず、近しい人達に表現してみたのです。

最初は嫌われるのではないかと不安でした。

でもやってみると、それは杞憂だったことがわかりました。

 

周りの人は私が感じていることを知りたかったのです。

私を理解し、繋がりたいと思っていたのです。

感情を表現できるようになるにつれ、理解してくれる人が増えていきました。

好きになってくれる人も。

まだ感情表現が得意なわけではありません。

でも素直に表現する自分でありたいと思います。

やっぱり私は人と繋がりたいから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。