人間関係の力学, 講座・イベントのご案内

5月23日、人間関係の勉強会を埼玉で開催!

4月から埼玉でスタートした人間関係勉強会シリーズ。

2回目は5月23日に開催することに決定しました(^^)

 

この勉強会は

人と人との間にある綱引きについてお伝えします。

 

簡単に言えば

一人が熱弁を振るうと相手が口をつぐむ

 

というような、どこにでもあること。

 

つまり押せばひく

引けば押す

という単純な話なのです。

 

この、ものすごく単純な理論

これを理論立てて学んだことがないのが私たちの現実。

 

そして知らないうちにコミュニケーションですれ違っているのです。

 

落ち込んでいる人を励ましてはいけない理由を知っていますか?

それは気持ちをあげようとすればするほど落ちていく法則があるからです。

 

オロオロしている人のお尻を叩いてやらせようとしてはダメな理由を知っていますか?

それはお尻を叩けば叩くほど相手がどんどん頭が真っ白になって何もできなくなる法則があるからです。

 

もしかするとあなたは一生懸命なあまり

間違ったコミュニケーションをしているかもしれないのです。

 

実際に私はこの理論を知らない頃

まさに間違ったコミュニケーションにはまっていました。

 

私たち夫婦には話し合わなければならない課題がある!

と強く思った時

例えばお金の使い道とか時間の使い方とかですね。

 

そういうとき

私は矢継ぎ早に

「ここが問題で、ここも変えられるし

こうした方がいいと思う、ああした方がいいと思う

あなたはどう思うの、あなたの考えはどうなの?

ちょっとあなた、考えているの?」

と迫っていました。

 

そうすると旦那さんが

「うーん、眠たくなってきた。・・・寝る。」

と布団に入ってしまうのです。

 

そうなると私は怒り爆発!

「ちょっと!私がこんなに一生懸命に私たちのことを話しているのに

眠いってどういうことー!!」

 

となっていました(爆)

 

そして、布団に行ってしまった旦那さんを見ながら

心がとても殺伐としたことは忘れません。

「旦那さんは私のことなんてどうでもいいんだ・・・。」

と悲しくなりました。

 

で、これがまさに綱引きの話だったのです。

 

旦那さんが私のことがどうでもよいという話ではなく

私がまくし立てすぎた、つまり強く押し過ぎたために

相手の思考回路が停止してシャットダウンしたのです。

 

私が押し過ぎたから相手が閉じたのです。

 

この人間の間の綱引きについて学んでから

何が起きているのかよくわかりました。

 

そして、私は自分の意見を先に言い過ぎないようにしたり

話す圧をゆるめたりすることで

旦那さんの考えを聞けるようになりました。

 

そうすることで、話し合いがスムーズに進むようになったのです。

そして心が殺伐とすることはなくなったのです。

 

この人との間の綱引きは

ごく日常的に当たり前に展開されています。

 

そしてみんな、すれ違いの中で

本当に繋がるコミュニケーションをしらないまま

毎日が経過しているとすら思います。

 

だから私はこの知恵を本当にみんなに伝えたいのです。

この知恵をしれば

大事な人を失うことも減るでしょう。

愛がないと悲嘆にくれることも減るでしょう。

子供の個性を活かすこともできるでしょう。

 

この綱引きについて学ぶ人間関係勉強会

5月は23日(木)に埼玉で開催します。

 

テーマ:人間関係力学発生の仕組み1

日時:5月23日(木)13:15〜15:15

場所:埼玉県朝霞市

   東武東上線朝霞台駅から徒歩1分

   JR武蔵野線 北朝霞駅から徒歩1分
  (詳細はお申し込みくださった方におしらせします)

参加費:3000円

 

10回シリーズの2回目ですが、初めての方も理解できるように補足しながら進めていくので安心してご参加ください。

 

1回目の開催風景・受講生の声はこちら

タイミングの方とお会いできるのを楽しみにしております♡

 

お申し込みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。