夫婦の対話

夫婦とは人生を分かち合う関係

先日
 
「夫婦になるってどういうことだと思いますか?」
 
とお尋ねしました。
 
考えてみたでしょうか。
 
 
私は
 
夫婦とは人生を分かち合う関係
 
だと思っています。
 
 
そして人生とは
 
いいことも悪いことも
 
嬉しいこと、幸せなことも
 
悲しいこと、悔しいこと、希望が見出せないことも
 
いろいろあるもの。
 
 
夫婦とは
 
その全てを分かち合う関係だと思うのです。
 
 
喜びや幸せを分かち合うのは簡単です。
 
 
「あそこのレストラン、素晴らしかったね〜。」
 
「そうだね〜。」
 
 
こんな感じです。
 
 
肝心なのは
 
苦しい時にその苦しみを分かち合えるかどうかです。
 
 
苦しみや悲しみは
 
誰しも出来るだけ感じたくないものです。
 
 
だから相手が苦しみの中にいる時
 
寄り添い、分かち合うのは難しいもの。
 
 
でも夫婦は
 
そういった辛いことも分かち合う関係です。
 
 
それは辛いことを分かち合う、と決めていなくても
 
時間の経過でいろいろなことが起きて
 
そうせざるをえなくなります。
 
 
両親の介護、死別
 
子供の成長、自立
 
自分の老い、パートナーの介護・・・
 
 
仕事の成功、あるいは失敗などもあるでしょう。
 
 
 
そういった様々なことを分かち合いたい相手なのか
 
分かち合える人なのか
 
自分も相手の苦しい時にその苦しみを分かち合いたいと思えるのか
 
 
 
 
喜びや幸せを分かち合うと
 
幸福感は何倍にもなります。
 
 
逆に悲しみや絶望を分かち合えると
 
苦しさは半減します。
 
 
 
人生を分かち合う関係。
 
感情を分かち合う関係。
 
 
あなのパートナーシップはどうですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。