夫婦の対話

意外と知られていない、夫婦の心を近づけるもう一つの秘訣

先日、二人の心を近づける簡単な秘訣として
 
「おいしいものを一緒に食べる」
 
というのをご紹介しました。
 
 
この手法は前回も書きましたが
 
世界各国万国共通で
 
人とつながるために使われているとても有効な手法です。
 
 
今日はそれとは別に
 
簡単なんだけど実は知られていないもう一つの秘訣をお伝えしましょう。
 
 
それは
 
「朝、気持ちのシェアをする。」です。
 
 
朝、寝起きの時は
 
その時の状態をキャッチしやすいものです。
 
 
変な夢を見た後だと疲れてドヨーンとした気分だったり
 
逆に目覚めがスッキリだと気持ちがよかったり
 
寝起きの無防備な状態は
 
心身の状態が現れやすいためです。
 
 
 
朝、起きた後
 
「今日はこんな気分。」
 
というのをお互いに簡単にシェアしてみてください。
 
 
そうすることで
 
お互いの現在の状態がよくわかり
 
心がつながります。
 
 
 
気持ちのシェアは
 
人とつながる基本です。
 
パートナーでなくても朝でなくても
 
他人に気持ちを話して受け止めてもらえると
 
心がつながりやすいです。
 
 
なので私は誰かと話をするとき
 
なるべく相手の気持ちを聞くようにしています。
 
 
「いま、どういう気持ち?どんな気分?」
 
という感じにです。
 
それが聞けると相手のことが理解しやすいのです。
 
 
逆に
 
「私はいま、こんな気分なの。」
 
ちょっと落ち込んでいるんだ、とか
 
とっても嬉しいことがあって・・
 
など、自分の気持ちを話して聞いてもらえると
 
私もわかってもらえた感じがします。
 
 
 
 
私は朝、夫と朝ごはんを食べて
 
それから気持ちのシェアをするようにしています。
 
それも朝日を浴びながら。
 
そうすると1日のスタートを繋がりから始められるので
 
シェアをしない日に比べて心が安定している感じがあります。
 
 
 
忙しい方は朝でなくてもいつでも構いません。
 
相手の気持ちがよく分からない、という不安は恐れを呼び
 
心が離れていく原因にもなります。
 
 
 
朝起きたとき
 
お互いの気持ちをシェアしあう
 
 
よかったらやってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。