いただいたご質問

「親との境界線、どうやって引く?」1★質問にお答えします。

こんにちは!
心をつなぐ対話トレーナー、アマノテルヒです。
今日は「親との境界線をどうやってひいたらいいですか?」という質問にお答えしようと思います。
この答えは少し長くなるので、二つに分割してお伝えしていきますね。

「親との境界線」・・・私もこれは長らく悩んだテーマです。

私の場合は、母親でした。
母親が私がやることに干渉してきたり、否定的なこと言ったり、
意見を求めていないのに、何か色々アドバイスしてくる・・・。そういうタイプだったんです。
あるいは、私が何かやってるのに急に話しかけてきて自分の方を振り向かせたりとか
部屋にいるといきなりドアを開ける、とか、そういう感じだったので、
私自身は、身の安全を感じない、自分を尊重してもらえてないという
そんな感じがしたのをよく覚えています。

そういう時に、「自分を守るために境界線を引きたい」ってすごく思ったんです。


でも境界線ってなんでしょう・・・。


私は、今では、境界線には2種類あるという風に思っています。


ひとつは
外界の刺激から自分の身を守る境界線。

自分の安全を確保するために距離を取ったり、実際に部屋に鍵をかけるとか、
いろいろ方法はあると思うんですが、
そういう風に身を守るために引く境界線です。

もう一つは
お互いの心地よい距離感を共有するという境界線。

お互いの心地よい距離感を共有するんですね。

この二つは、天と地ほどの差があります。
何が違うかっていうと意識です。

一つ目は
「外からやってくる刺激がとても危険だし、
刺激を与える人は攻撃してくる人で自分は被害者」
っていう意識なんですね。

もう一つの方は攻撃してくる人も被害者もなくて、
「自分の特質と相手の特質を理解し合う努力をして
お互いの心地よいところでラインを引く」という意識なんです。

つまり被害者の意識で境界線を引こうとするのか
お互いの心地よいところで境界線をひこうとするのか


という意識の差なんです。


人に攻撃されてるっていう風な認識の場合は、
どうしても一つ目を選んでしまいます。
そうすると一時的な安全安心というの得られるのですが、
相手と繋がれることはなく
結局分離のままってことになってしまいます。
大事な人じゃなければそれでもいいと思いますだけど
親みたいに自分とって大事な人の場合は
結局、一つ目の境界線だと、自分がどんどんに苦しくなってしまう。
なんてことが起きてきます。

ということで2回目は
じゃあどうやって2のタイプの境界線を引くのかのかというお話をしたいと思います。

それではまた!



★★ヒーリング瞑想会を開催します★★

先週金曜日の夜、ヒーリング瞑想会をお届けしました。
ちょっとしたハプニングはありましたが
癒しのエネルギーをお届けできたと思います。
次回は11月13日の夜20時〜
テーマは「深層心理の声を聞く」です。
あなたのご参加をお待ちしてます。
詳細はこちら



クローバーてるひ【LINE@】はじめました!
お友達登録で無料リーディングプレゼント!クローバー
お友達登録してくださった方に「潜在意識からのメッセージ」をリーディングしてお届けします。
「ピンときました!」
「すごい、当たってます(汗)」の声、続出。
お一人ごとに「あなたにとって必要なメッセージ」をリーディングしますので少し時間がかかるかもしれませんが、必ずお返事しますのでお待ちくださいね。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。