夫にイラっとした時

【夫にイラッと2】自分を責めない方がいい

自分を責めない方がいい

おそらく多くの女性が、「イラっと」したことをそのままぶつけてしまったら、夫婦関係がうまくいかなくなることを知っています。ところが「イラっと」する気持ちを消そうとしたり、「イラっと」しない自分になろうと努力したところ、なかなかうまくいかなくて苦しんでいるのではないでしょうか。

こんな小さなことで「イラっと」してはいけない、と言い聞かせてみたり、喉元まで出た言葉を飲み込んでみたり、きっと色々な努力をしているはずです。

それでも「イラっと」してしまい、そんな自分を責めている人も多いでしょう。見た目には相手を責めているようにしか見えなくても、内面では相手に「イラっと」してしまった自分を責めたり後悔しているのではないでしょうか。

私がまずお伝えしたいのは、「イラっと」する自分を責めなくていいということです。 それは私がかつての自分に言いたいことでもあります。かつての私は、自分の気持ちをコントロールできないことや、すぐに「イラっと」してしまうことで、すごく自分を責めていました。「イラっと」したくない、でも「イラっと」してしまう・・・、私って全然いい妻じゃない・・・、その葛藤の毎日でした。

 

でも心の秘密を学んできた今、はっきり言えることがあります。それは「イラっと」した後、夫との関係がうまくいかなくなるのは、「イラっと」することが直接の原因ではない、ということです。だから、「イラっと」することに対して自分を責めなくていいのです。それが一体どういうことなのかは後ほど詳しく説明します。今はとにかく、夫婦関係がうまくいかなくなるのは「イラっと」することが直接の原因ではない、ということをはっきりお伝えしておきます。

 

そしてさらにもっとお伝えしたいことがあります。 すでにうまくいかなくて葛藤して苦しんでいる、というそのことこそが、そんなに悪くないことだと思うのです。なぜって、苦しみの深さこそ、相手と繋がりたいという思いの深さだからです。

 

なんとも思っていない人なら、そこまで葛藤せずにとっくに関係を切っているはずです。もしあなたが「イラっと」する自分を責めているなら、その気持ちをひっくり返せばそれは、人を大切にしたい、人と繋がりたい、という思いの深さからくるものなのです。 もし今後「イラっと」した自分を責めている自分をみつけたら、自分が人と繋がりたいと思っていることも、忘れずに見てくださいね。

 

「そうはいっても、これでは問題は解決しませんよね?」と言いたい方もいるでしょう。そう言いたくなるのはもっともだと思います。自分を責めるのをやめたところで、何も問題は解決しないと感じるのです。でも実は、自分を責めないというのは、結果的に夫婦のコミュニケーションがよくなるのためにも必要です。私はもうあなたはこれ以上「自分を責めなくていいですよ。」と言ってあげたいというだけでなく、実は「自分を責めない方がうまくいきますよ。」とも言いたいのです。実は自分を責めるのをやめると、こんないいことがあります。

 

1、自分が楽になる

2、その分、相手を責める気持ちが減る

3、客観的に物事をみれるようになる

 

結局のところ、自分を責めて苦しくなる分、相手にイラッとするのが増えてしまうわけです。だから自分を責めるのをやめることで、「イラッと」するのが減るのです。

そしてさらに、ふたりが深く繋がるためは起きている出来事を客観的に見ることが大切です。何がどうずれてしまっているのか、わからないと改善のしようがありません。ところが自分を責めていると、素直に出来事をみれず、歪んだ見方をしてしまいます。例えば人が喧嘩しているのを見て、「どっちも目糞鼻糞だな。」と思うことありますよね?でも当人たちは相手が悪いとしか思えないというのは、自分のことを客観的に見れていない証拠です。それは心の中がすでに苦しい気持ちでいっぱいで、自分を振り返る余裕がないからなのです。自分を責めることが減り、相手を責める気持ちが減れば、お互いに苦しさが減る分、なにがおきたのか振り返ることができるようになります。こうした意味でも、自分を責めるのはやめた方がいいどころか自分を責めるのは「イラっと」をやめるためには逆効果だと言えるでしょう。

 

つづく・・・

 

★いつも読んでくださってありがとございます!
もし面白かった!役に立った!などありましたら、ブログをフォローしていただけたらとっても嬉しいです。
コメントや質問もウェルカムです。どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。