感じたこと

「美しいものが好き」という自分を赦す

こんにちは!

大切な人と繋がる極意をお伝えする

天乃陽妃(あまのてるひ)です。

 

大切な人・・・・

 

今日は「自分」という

とても大切な人と繋がることについて

お伝えしましょう。

 

あなたは

「美しいもの」が好きですか?

 

キラキラ光るものとか

バランスのとれた組み合わせ

整った空間・・・

 

「美しいもの」と一口に言っても色々ありますね。

 

そういう美しいもの、好きですか?

 

さて、今日のタイトルは

「美しいものが好き」という自分を赦す

 

ですが

 

これを読んで

「美しいものが好き」というのを

「赦すも何も、そう思うことが罪だとは思ってないですよ」

 

と思うかもしれません。

 

そうですね。

「美しいものが好き」

というのはごく自然だし、普通のことです。

私も「美しいもの」は大好きです(^^)

 

でも・・・・でもです。

 

ではこう言ったらどうでしょう。

 

「美しいものが好き」

「バランスのとれたものが好き」

 

・・・・

 

「美しくないものは嫌い」

「バランスの悪いものは嫌い」

 

・・・・・

 

「整った顔が好き」

「整ってない顔を見ていたくない」

 

・・・・

 

「バランスの良い体が好き」

「バランスの悪い体は醜いと感じる」

 

・・・・・

 

どうですか?

 

そろそろ、私が言いたいことが少しわかってきましたか?

 

「美しいものが好き」

という人には

美しいものを見出したり作り出す才能がある反面

 

美しくないものは耐えられない

という性質があります。

 

時としてそれは

誰かの姿形を「嫌いだ」「好きではない」

と言ってしまうことになるかもしれないし

誰かが作ったものを「気持ち悪い」

と感じることになるかもしれないのです。

 

そういう風に感じる自分を

どこかモラルに反しているとか

人としてダメだとか思っていませんか?

 

もしそうだとしたら

「美しいものが好き」と感じる自分を

全部赦せていないということになるのです。

 

もしあなたが

「美しいものが好き」なら

何かに対して

「美しくない〜」と感じることも赦しましょう。

 

それがあなたにとって自然だからです。

 

ただし

自分がその人や物を「美しくない」と感じることで

対象の人や物の価値を下げる必要はありません。

 

あなたが感じていることは感じていること。

それと、そのものの価値は全く別物だからです。

 

あなたが人やものを「美しくない」と感じたからといって

その人や物の価値が1ミリでも下がることはないのですね。

 

だからあなたが何かに対して

「美しくない」と感じても大丈夫ですよ(^^)

 

あなたは安心して

自分の感性を大切にしてください。

 

それが自分と繋がる秘訣です。

 

さあ、どうでしたか?

 

ぜひ、自分の感性を大事にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。