感じたこと

「どうして私ばっかり?」★敏感体質な人が陥りやすいポイント

こんにちは(^^)

大切な人と繋がる極意をお伝えする

天乃陽妃(あまのてるひ)です。

 

あなたは

感受性が鋭く、敏感なタイプですか?

 

私がそうなので

このブログを読んでいるあなたもそうかもしれませんね。

 

ところで

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)というタイプの人がいることを知っていますか?

人一倍、感じやすく傷つきやすい、という特徴があります。

 

私は数年前に自分がHSPの特徴に当てはまるので

自分もおそらくそうだと思っています。

 

最近

この敏感で傷つきやすいタイプの人は

傷つきやすいだけでなく

責任を背負いやすい、というのもある気がしています。

 

私はよく

「なんで私ばっかり!」

とイライラします。

 

周りの人の行動が無責任に見えて

自分ばかりが頑張っている気分になるのですね。

 

で、そのことを旦那さんに話すと

旦那さんに言わせると

「やらなくてもいいことを勝手に背負っている」

ということらしいです。

 

言われると確かにそうかもしれない、と思う節があります。

 

まだ誰からも求められていないのに

先回りしてあれこれと動いていたり

それだけならいいのですが

それを他の人がやらないことに腹を立てたりするのです。

 

そして

先回りしてやるべきことが

ババっとたくさん見えてしまうと

何もやる前から

「自分一人ではやりきれない!」

と焦燥感にかられて、感情的にぐるぐるしたりしています。

 

グループで何かをやっている時など

よくあるのが

私が気になっていることが

周りの人には気になっていない、ということ。

 

私の目線から見ると

「そこは鬼門だから気をつけないとダメだろう」

というところに

誰も気づいていない

気づいていても気にしない

 

という現象がおきます。

 

そういう時、本当に苦しくなりますね。

 

焦燥感や焦りを共有してくれる人はいないし

自分一人で背負いきれないし。

 

でも、だんだんわかってきたのが

結構、一人相撲のことがあるっていうことです。

 

実は

感受性が鋭いということは

失敗に対する恐れを過剰に感じている

ということでもあります。

 

失敗を避けるために

あれこれ背負って思い悩んでいるわけですが

 

私が思った通りに全部やらなくても

案外うまく行ったり

些細な失敗で大きな影響はでない

ということがあるのですね。

 

「そこまでまずいことにはならならなかった〜」

 

ということの方が多かったりするのです。

 

もちろん

この繊細な感受性を使って

より良いものにしていくためにエネルギーを使うと

いいものができる

というメリットがあります。

 

でも

失敗しないためにやるべきことをやっていく

という、恐れの考えで進んでいくと

一人で責任を背負って

焦燥感の中で孤立することになります。

 

恐れから犠牲をやっても

自分には疲労感が残るだけ。

 

HSPの人は

自分は敏感だから、勝手に責任を背負いやすいのかも

ということを知って

 

適度に、犠牲と責任感を手放していくことが大事かもしれません。

 

あなたの周りの人が笑顔でないのは

あなたのせいではないし

 

プロジェクトが思ったようにスムーズにすすまないのも

あなたのせいではないのです。

 

一人でやれることには限界があるし

やるべきことが見えたからといって

それを全て一人で背負う必要はありません。

 

勝手に責任を背負いすぎて

疲労して自爆しないように気をつけましょう。

 

そんなに背負わなくても

世界はゆったりと回っているかもしれませんから。

そして周りのことを背負わない分

自分を幸せにしてあげることに

エネルギーを使いましょうね。

♦︎編集後記♦︎

きのうはテーブルウェアフェスティバルに行ってきました!

美しいテーブルコーディネートにしばしうっとり・・・。

すっかりご機嫌になりました。

一つ困るのは会場が広くて疲れること。

「あそこで買い物をしよう!」

と思っていても

歩きまわっているうちに疲労でどうでもよくなっていきます(笑)

ま、それもまたよしですね★

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。