夫婦の対話

あなたは大丈夫?★「コロナ離婚」が意味するものは

大切なあなたへ

 

このブログを訪れてくださってありがとうございます。

大切な人と繋がる極意をお伝えする

天乃陽妃(あまのてるひ)です。

 

最近、中国では離婚が増えており

「コロナ離婚」なる言葉まで出てきたそうです。

 

外出制限がかかる中で

長時間一緒にいることへのストレスで

離婚が増えているとのことです。

 

のちに振り返ったとき

「あのときはコロナのストレスのせいで離婚が増えたよね」

と思うかもしれません。

 

でも本当にコロナのせいなのでしょうか。

 

いいえ、違います。

 

コロナをきっかけに

後回しに出てきた課題が浮上しただけでしょう。

 

私の友人たちは

日本で外出自粛になってから

 

「家族の時間が増えて幸せ」

という人が多いです。

 

もちろん、中国ほど深刻な外出制限ではないからかもしれません。

 

でも、すでに今の日本の状態でも

テレワークになったけれど

家にいられずに車の中で仕事をしている旦那さんもいると聞きます。

 

ということは

コロナで家族間のストレスを感じている人たちは

 

家族なのにもともと

一緒にいるのが苦痛な人たち

ということなのです。

 

それはコロナのせいでそうなったのではなく

 

もともと好きな人ではなかったか

もとは好きだったけど

コミュニケーション不足でいつの間にか心が離れてしまった

かのどちらかでしょう。

 

何が言いたいとかというと

コロナのように新しいストレスが加わると

後回しにしていた課題が浮き彫りになる、ということです。

 

見ないようにしてきた夫婦関係の問題が

このストレスで浮上する可能性が強いのですね。

 

逆に心が繋がっている夫婦は

危機を前に一致団結して絆が強くなります。

 

それは夫婦だけでなく

家族、兄弟も同じです。

 

今回のように世界的な危機によって

一致団結して家族の絆が強くなるのか

この危機をきっかけに人間関係が壊れていくのか

 

それは今までのコミュニケーションの度合いによって決まります。

 

私が避けたいと思うのは

「本当は繋がりたいけど、後回しにしてきた」

という人たちが

コロナや経済危機のストレスによって

どんどん心が離れていってしまうことです。

 

ストレスが強いということは

お互いに余裕がなくなっていく、ということ。

 

余裕がなくなればなくなるほど

コミュニケーションは決裂しやすいのです。

 

本当は繋がりたいと思っていたとしてもです。

 

お腹が空いている時ほど

イライラして言葉が荒くってしまうのと同じです。

 

だからこそ

もし今の段階で・・・

中国ほどのストレスがかかっていない今のうちに

もっとしっかり繋がりたいと思っている人は

コミュニケーションにエネルギーを費やすべきだと思います。

 

まだ精神的余裕のあるうちに

本気でコミュニケーションをとらないと

これから世界で

今まで人類が体験したことのないようなストレスが加わってきたときに

 

家族や人間関係を失う

ということになりかねないのです。

 

もちろん、このことによって

今、そばにいる人が本当に一緒にいるべき人ではなかった。

 

ということに気づく人もいるでしょう。

 

それはとてもハレルヤ!というか

めでたいことだと思います。

 

私はなるべく離婚しないように、と思うわけではありません。

 

本当に大切だと思える人と

一緒に過ごすことが大事だと思っているのです。

 

だから一緒にいたいと思えない人なら

早く別れて本当に大切な人と出会い直して欲しいとも思います。

 

ただ、本当は大切な人だったのに

コミュニケーションを取らなかったばっかりに失ってしまう

ということは

とても勿体無いので

 

その可能性のある人は

今のうちによくコミュニケーションをとって欲しいなと思うのです。

 

人生のベースは家族です。

 

家族とつながっているから

心の平安・安心感を得られるのです。

 

最悪、何が起きても

家族で心がつながっていると

生きる力がわくし

どうにでもなります。

 

今、目の前にいる人が

本当に大事ない人、失いたくない人だと思うなら

今のうちにコミュニケーションをとりましょう。

 

最低限、話し合っておいた方がいいことは

1、コロナ感染拡大でどういうストレスが家の中に起きそうか

2、それをどうやって乗り越えていくか

  ・・・具体策がわからなくてもいいので

  一緒に乗り越えよう、と気持ちが一緒になることが大事です。

3、何が起きてもあなたが大事だ(家族が大事だ)と伝え合うこと。

 

でしょう。

 

もう少し余裕があるなら

1、これから経済が危機に陥った場合、自分たちにどんな影響がありそうか

2、もし経済危機によって人生がリセットされる場合、これからどうしていくのか

 

も話し合えるといいと思います。

 

実際にコロナの感染拡大や経済危機が起きてからでは

・・・世界ではもう起きていますが

 

日本もそのど真ん中に入ってからでは

あまりのストレスで冷静に話せないかもしれません。

 

なので今のうちに対話をしておきましょう。

 

対話すると揉めそうな人は

対話の秘訣を無料メール講座で詳しく書いているので

よかったら見てください。

 

でもここで簡単に秘訣をいうと

1、こうすべき、という前提が違うことを理解する

2、違う意見もまず耳を傾ける

3、答えは二人の真ん中にある

  どちらかの意見が正しいわけではない

 

です。

 

意見が対立することを恐れず

お互いの意見をできるだけ出し合って

最終的に、二人にとって良い方法を二人で決めましょう。

 

本当は大事な人だけど

いまいち分かり合えていない・・・

 

本当は繋がりたい人だけど

対立を恐れて会話をさけている・・・

 

そんな人はぜひ、早めにコミュニケーションをとりましょう。

 

 

ドキドキ【心をつなぐ夫婦の対話 5つのヒント】無料メール講座で心が繋がる対話のヒントをお伝えしています。

ぜひ読んで見てください★

無料メール講座の登録はこちらです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。