感じたこと

負けられない女

最近、自分について
 
つくづく痛感したことがあります。
 
 
それは私が
 
「負けられない女」
 
だということです(^^;)
 
 
 
例えば
 
駅のホームで電車を待つ列に並んでいる時
 
横入りしてくる人がいるとイラッとします。
 
 
そして無言で
 
「ちょっとあなた、入ってこないでくださいよ!」
 
 
というエネルギーを発します。
 
(きっとものすごくはっきり強く:笑)
 
 
 
そうすると7割ぐらいの人が身を引いたり
 
別の列に行ったりします。
 
 
 
どんだけっ!?て話ですよね(汗)
 
 
 
そういうことを、自分が次の駅で降りるときでもやってしまうのです。
 
次に降りるのだから、最後に乗るのでいいのに。
 
 
 
以前は、別にそれについてなんとも思っていませんでした。
 
当たり前の条件反射でやってましたからね。
 
 
でも隣にいる夫が
 
そういう時、すっと身を引いて譲っているのを見て
 
「あら?私はこだわりすぎなのかな?」
 
と思うようになってきました。
 
 
 
 
そして自分のことを色々と振り返ってみたのです。
 
 
 
もともと、私は謝るのが大嫌い。
 
なぜって
 
常に何が正しいのかを考えて行動していたからです。
 
 
間違ってはいけない
 
常に正しくなければ
 
 
と強く思いすぎるあまり
 
「私は間違ってない!」
 
と主張したくなったり
 
「(例え間違っていたとしても)私はすごく考えているんだ!」
 
と言い訳したくなってしまって
 
素直に「ごめんなさい」が言えなかったのです。
 
 
 
それについては
 
結婚して喧嘩をするようになってから
 
直さないとダメだな〜と感じるようになって
 
自分に非があった時は謝るように訓練してきました。
 
 
(これだけでもかなり努力が必要でした:笑)
 
 
 
 
 
それでも
 
できるだけ自分に非がないことを証明しようとしたり
 
相手に非があろうものなら指摘するのはわすれない!
 
ということをしている自分に気づいたのです。
 
 
 
つまり
 
とにかく譲ってみる
 
とか
 
理不尽でも一旦引いてみる
 
ということをしたことがない・・・・と。
 
 
 
こうして書いててもちょっと恥ずかしくなります。
 
 
 
私としては
 
優しい柔らかい女性になりたいのに
 
これじゃあ強くて可愛くない女だな・・・
 
とすら思います。
 
 
 
 
 
でもなんでそうなっているのかな・・・
 
負けたら何がいけないんだろう?
 
 
 
とちょっと感じてみました。
 
 
 
すると私のイメージでは
 
負ける=鎧を解く=身を守るものがない
 
という風になっていました。
 
 
一旦、鎧を外してしまったら身を守るものがなくて危険!
 
という思い込みがあったのです。
 
 
 
そこでイメージの中で
 
鎧を解いて無防備になることをやってみようとすると
 
言葉にできない恐怖がやってきました。
 
 
 
私が正しい
 
私は間違っていない
 
 
というのは私の身を守る鎧で
 
それがなくなってしまったら
 
 
 
もう私の尊厳なんて押しつぶされてしまう
 
 
 
アリンコのように踏み潰されてしまう
 
 
 
だから絶対、鎧を手放すなんて無理!
 
 
 
そんなことをしたら・・・・死んでしまう気がする
 
 
 
 
・・・・
 
 
と思っていたのです。
 
 
 
 
 
 
そう思うようになったのは
 
小さい頃から
 
両親や教会にモラルを叩き込まれ
 
自分が感じていること・考えていたことを
 
肯定してもらったことが少なかったからでしょう。
 
 
 
なんども踏み潰されるような思いをして
 
もう踏み潰されるのは耐えられない
 
 
と思ったのですね。
 
 
 
それで生き残るために
 
「私は正しい」
 
という鎧を身につけるようになったのでした。
 
 
 
 
そういうことをつらつらと感じていた時
 
ふと
 
もうこの鎧、手放す時期がやってきてるのかもなぁ
 
と思いました。
 
 
 
鎧は身を守るためには機能します。
 
でも外から本来やってきているはずの
 
温かい愛情とか豊かさとかを入ってこなくもしているんだ
 
と感じました。
 
 
 
 
鎧を手放す
 
一旦全部受け身になってみる
 
 
それを考えるとぞわぞわして
 
すご〜く嫌な気分になりました。
 
 
 
でも心のどこかで
 
未だかつてやったことのないチャレンジをみつけて
 
ちょっとワクワクしている自分もいました(笑)
 
 
そこで
 
ある一定期間を設けて
 
徹底的に負けてみるキャンペーンをやってみることにしたのです!!
 
 
 
どうなったと思いますか?
 
 
その結果についてはまた別の機会に書きますね。
 
 
 
今日は私がいかに負けられない女なのか
 
というところまでにしておきます。
 
 
 
いつも読んでくださってありがとうございます♡
 
また続きを書きますので、楽しみにしててくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。