今日のメッセージ, 感じたこと

コロナ感染拡大★「自分は大丈夫」ではなく「みんなで食い止めよう」

こんにちは!

大切な人と繋がる極意をお伝えする

天乃陽妃(あまのてるひ)です。

 

このブログにきてくださって

ありがとうございます。

 

いよいよ東京も外出制限か・・・

という香りがしてきましたね。

 

昨日の小池都知事の会見では

「週末は不要不急の外出を避けるように」

ということでした。

 

昨日の会見を見ながら

一体、感染症に対応できるベッド数はいくつなんだろう?

と疑問に思っていましたが

ベッド数を掲載しているサイトが見つかりました。

これをみると

全国のベッド数は一目瞭然! 

あと少ししか猶予がありません。

このまま二次曲線的に患者さんが増えたらどうなるか・・・

ゾッとしますね。

(このサイトをリアルタイムで見たい方はこちら CODIT-19 JAPAN)

 

 

ちなみに

写真をとっていなかったのですが

東京都の患者数は3月24日は130人でした。

 

それがこの写真をとった25日は170人に増えていたわけで

対応ベッド数が579床しかない現状で

この勢いで増えたらどんなにどんなに大変なことになるか

想像がつくはずです。

 

こんな怖いことをわざわざブログにアップするのは

今日、二十人ぐらいでお花見をしている学生さんたちを見たからです。

 

もちろん、アルコールと食べ物つき。

隣の人とビッタリくっついて座り

語り合っています。

 

「いいお天気だしお花見に行きたい!」

私もそう思います。

 

 

でもこの数字を見たら

その危機感のなさが、この先何を引き起こすか・・

少しはわかってもらえると思います。

 

若い人は重症化しなくても

ウイルスを運ぶことにはなります。

 

自分は大丈夫

という「自分」のみの考えを手放し

今は「世界全体」のことを考える必要があると思います。

 

 

自分は大丈夫

日本は大丈夫

ではありません。

 

 

ここでウイルスが広がっていく途中で

もっと人に感染しやすいあるいは重症化しやすい性質に

変異していくこともあるといいます。

 

 

自分が感染しないこと

自分がウィルスを広げないことが

世界を守ることにつながる

 

海の向こうで起きていることは他人事ではなく

世界は繋がっている

 

ということをもう少し意識してほしい

本当にそう思います。

 

 

やみくもに、おそれにとらわれる必要はありません。

 

ただ、「今」は人と集まるイベントを自粛する。

(ヨーロッパは三人以上集まらないようにとのことです)

 

 

やむをえず外出する際は

人との距離を保ち

マスクをする。

 

家で

ものを食べる前に手を洗う。

人とお皿やコップをシェアしない。

それだけです。

 

 

それをみんなが緊張感をもってやれないと

政府が強制的に外出制限を出さざるをえなくなります。

 

 

そうすると

たくさんのお店が大打撃をうけ

倒産することになるでしょう。

 

 

工場が止まれば物流も止まります。

 

国境が封鎖されれば

食べ物も入ってこなくなる。

 

 

みんなが多大な影響を受けます。

 

 

「自分は大丈夫」

その意識をここで

「みんなで食い止めよう」

に変えていきたいと切に思います。

 

 

コロナに関する現状について

何がどうまずいのか

とってもわかりやすい記事をシェアします。

 

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 ソフトバンク社長室長の安川新一郎さんの記事です。

新型コロナウィルスについて⑥:4月第2週の首都封鎖 – ロックダウンへのカウントダウン-

 

 

世界は繋がっている・・

前から思っていましたが

それがこんな形でわかりやすく現れるなんて

なんとも皮肉ですが

今こそみんなで意識を一つにしていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。