日々の出来事

急に幸せに気がついて感動した日

今日はサロンを大掃除しました。
 
今年もここでたくさんのドラマがありました。
 
来てくださった皆様、本当にありがとうございました。
 
 
 
 
今日は掃除をしながら
 
いつになくこのサロンの大切さを感じました・・・。
 
 
8年前、まだ夫と結婚していない頃でしたが
 
二人で作り上げたサロンなのです。
 
いつもはそんなこと考えもしないのですが
 
今日はその時のことやそれからのことを色々と思い出しました。
 
 
最初に決まったのはサロンのシャンデリア。
 
夫がこれに決める、とさっさと決めてしまって
 
私はもっとシンプルなものでいいのに、と思ったのを覚えています。
 
 
都内のショールームをいくつも回って
 
何回も試して決めたトイレの便座(笑)
 
 
ショールームで一目惚れしてしまった洗面用の陶器のボウル。
 
 
オープンの時にお祝いでいただいた素敵な画。
 
二人の結婚式の時のブーケをドライフラワーにした飾り。
 
新婚旅行のニースで買った画。
 
クライアントさんがくださった数々の置物。
 
大好きなヒーラーの友人が描いたかわいらしい画。
 
大切な友人の住む波照間島の海岸で拾った白い珊瑚・・・・。
 
 
置いてあるものすべてに一つ一つ、思い出が詰まっています。
 
すべてがお気に入りでどれも大切なものたち。
 
 
ああ、幸せだなぁ。
 
幸せ、ここにこんなにあったんだ・・・。
 
豊かだなぁ・・・。
 
 
 
 
今日はなんだかしみじみ・・・・そんな風に思ったのです。
 
 
 
 
 
私の人生の中で
 
豊かさを味わう、というのはテーマの一つです。
 
 
なぜなら
 
昔の私は豊かさがあることに対して罪悪感を持っていて
 
存分に味わうことができなかったからです。
 
 
豊かさとはお金持ち、という意味ではありません。
 
私が今すでに持っている
 
ささやかやなものの豊かさのことです。
 
 
自分が健康であること
 
両親がいること
 
人並みに働けること
 
大好きな旦那さんと一緒にいること
 
旦那さんと二人で作ったサロンがあること
 
毎日美味しくご飯が食べれること
 
 
こんな小さなことばかりです。
 
 
でも、それらを私が持っている
 
ということに罪悪感を感じていました。
 
だからその豊かさに目を向けず
 
自分のまだ足りない部分ばかりに目を向けていました。
 
 
 
罪悪感があると味わえない・・・・
 
不思議ですよね。
 
 
でもこう言ったら伝わるかしら・・・
 
 
例えば
 
日本のような平和な国にいてなんでも自由に選べるのに
 
世界の戦争をしている国をみて
 
自分だけ幸せに生きることが間違っている気がする・・・
 
なんて感覚。
 
 
きっと持っている人はたくさんいると思います。
 
 
 
 
私は妹が生まれつき病気だったことや
 
父親が親のいない子供たちを育てる施設で働いていたことなどから
 
自分が恵まれすぎていると思っていたし
 
その恵みを見せびらかしてはいけないと思っていました。
 
 
それは遠慮、心遣い、といえば美しいけれど
 
持っているものを味わわないでわざわざ不幸を見るなんて
 
それこそ持っていない人から見たら傲慢ですね。
 
 
 
今日サロンを掃除している時
 
急に自分がたくさん持っていることに気づいたのです。
 
 
これはとても嬉しい感覚でした。
 
自分が豊かさの中にいる、という感覚でいっぱいになって
 
感動したのです。
 
 
 
そしてその感動を通して
 
私の中の豊かさに対する罪悪感が
 
ようやく溶けて無くなっていったことにも気づいたのです。
 
 
 
私は豊かだった。
 
愛する人たち
 
愛するものたちに囲まれて生きている。
 
 
幸せだなぁ。
 
ありがたいなぁ・・・・。
 
 
雑巾で床を磨きながら
 
その場があることに感謝を込めました。
 
それから
 
サロンにあるもの、
 
きてくれた人たち
 
支えてきてくれた人たちすべてに感謝を伝え
 
最後に来年もよろしくね、とお願いし
 
幸せの中で帰宅しました。
 
 
大好きなサロンに
 
来年もたくさんの方が来てくださいますように♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。