プチ心理学講座

苦手だったことが楽にできるようになった!・・・自分に合わない箱に押し込めるのをやめたらうまくいく

大切なあなたへ

 

あなたには何か苦手なことがありますか?

 

私はあります。

 

お料理が苦手だし

本を読むのも苦手

 

じっと机に座って勉強するのは苦手

人の言った通りにやるのは苦手

 

などです。

 

以前の私は

こういった苦手なことは全部

自分は「なんてダメなんだろう」と思う材料でした。

 

美味しいお料理をたくさん作れる人を見れば

それができない自分がダメな感じがします。

 

たくさんの本を読んで知識を増やしている人を見れば

本を読めない自分が怠け者な感じがします。

 

ずっと机に座って勉強できる人を見ると

勤勉でいいなと思うし

 

人の言うとおりに行動できる人を見ると

素直でいいなぁと憧れます。

 

私の中で自分のセルフイメージは

「ゴーイングマイウェイで人の話を聞かない怠け者」

となっていました。

 

でも最近ようやく 

 

私は文字よりイメージの方が頭に入るということ

自分が体験して体感したことだと覚えるということ

 

などが腑に落ちるようになってきました。

 

だから何かを学びたいと思った時

座学で学ぶよりも

とにかくやってみて失敗して

そこからどうやったらいいのか考えて試行錯誤を繰り返して

というのが一番いいみたいです。

 

振り返ってみると

環境が許してくれさえすればそうやって学んできました。

 

でも小さい頃から座学で勉強することを強制されてきたし

行動する前によく考えろと言われてきました。

 

だから何も考えずにとにかくやってみようとする自分は

「行き当たりばったりのいいかげんなやつ」

と思っていたのですね。

 

幸か不幸か私の周りには本を出している友人がとても多いので

本をもらうこともたくさんあるし

買うこともたくさんあります。 

 

でも実はその本が読めなくて

感想を伝えられない自分が

冷たい友人のような気がして

ずっと引け目を感じていました。

 

お料理についても

美味しいお料理を作りたいと思って

料理本を読んでも

何回読んでも手順が頭に入りません。

 

一つの項目をやるのに

二回も三回も穴があくほど読んで

いちいち手を止めてしまうので

すごく時間もエネルギーもかかって

最終的に煮詰めすぎたり焦げたり

そんなことが多かったです。

 

ところが最近友人に

ある一つのアプリを教えてもらったことで

私のセルフイメージがガラッと変わりました。

 

それは

「デリッシュキッチン」という

調理の手順を映像で紹介している動画なのですが

 

それを見ながらだと

自分は料理をサクサク作れることが分かったのです!

 

これは本当にありがたくて

私の今まで低かったセルフイメージも

「なんだ、できないわけじゃないんだ・・・

学び方を変えれば、私だってちゃんとできる。」

と変わったからです。

 

私は今まで

本が読めないとか

人の言うことを聞けないとか

 

それは自分が怠け者だからと思っていたので

怠け者にならないように

一生懸命本を読もうとしたり

セミナーに行って学ぼうとしたりしていました。

 

でもそこに行くたびに

逆にイライラしたり退屈になってしまう自分を感じて

さらにセルフイメージを下げるだけでした。

 

今考えると

わざわざ苦手なことが満載な場所に行っていたのは

自分が怠け者だと思っていたから

それを改善するために

一生懸命、自分に合わない箱に自分を押し込めようとしていたのですね。

 

なんとも滑稽です(笑)

 

でもようやく

自分は怠け者だというセルフイメージから解放されました。

 

私はどんどん体験して

その体験から学んだことを活かしていけばいいのです。

 

違う形の箱に

自分を押し込めるのはもうおしまいです。

 

こうして自分のことを見ているだけでも

まだまだ知らないことがあると気づきます。

 

そしてこうやって

一つ一つ自分のことを知っていくことは

とても面白いし

自由になれる作業だなと思います。

 

今までこうあるべきとか

こうでないのはおかしい

と思い込んで

 

自分をその箱に入れようとしていることって

まだまだたくさんありそうです。

 

その自分じゃない箱に全く入れない場合は

自分には合わないんだ

とわかっているかもしれん。

 

でも頑張って入れちゃう場合は

頑張り続けるのが良しと思ってしまいます。

 

私はそうやってずっと箱に入り続けていたのです。

その間、セルフイメージを下げ続けて・・・・。

 

改めて思いを馳せるのは

どんな箱にも自分を押し込めないとしたら

自分の本来の姿ってどういう姿なんだろうということです。

 

私が自然に楽しんでやれてしまうことはなんだろう?

 

それを自由にやったらどうなるのか・・・

 

そんな風に考えると

ちょっと楽しくなってきますね。

 

料理映像のアプリ

「デリッシュキッチン」のおかげで

私の毎日の気分はかなり変わりました。

 

今日は何を作ってみようかな

とワクワクしながら

アプリを開いてメニューを考えます。

 

些細なことのようで

毎日のことだから

やっぱり楽しく楽にやれることが一番です。

 

さてあなたも

本当は自分には合わない箱に

自分を押し込めようとしていないでしょうか。

 

もしくは苦手なことで

セフルイメージを下げていないでしょうか。

 

もしかするとそれは

やり方を変えたら

楽しく楽にできるようになることかもしれません。

 

あるいは

やめてしまってもいいことかもしれません。

 

私たちはつい正解を求めたくなりますが

一つの答えだけということ本当にないと思います。

私には私の答えが合って

それは他の誰にも見つけられないのでしょう。

 

周りと比較せず

自分はどうなんだろう?

 

自分の本当に心地よいポイントはどこなんだろう?

 

と、自分に好奇心を持っていくと

まだ知らない新しい自分が

見つかっていくはずです。

 

本来の自分にかえっていく作業は

とても楽しくワクワクします。

 

だって楽しくできることが増えていくから。

 

面白そうだなと思ったら

あなたもまだ知らない自分に好奇心を持って

探してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。