人間関係の力学, 夫婦の対話

伝わるコミュニケーションのコツ「頭で話さず心で話す」

大切なあなたへ

 

あなたは

一生懸命話しているけどなんだか伝わらないなぁ

 

そんな体験をしたことはありませんか?

 

私はそんな体験ばかりだったような気がします。

 

先日

「パートナーシップコミュニケーション講座」の3回目でした。

 

第3回目は伝わるコミュニケーションのコツⅡ

がテーマでした。

 

内容は以下の通りです。

 

1、本音と建前、全然違うこと話してない?

2、ごめんなさいとありがとうは思いを込めて

3、信頼して待つ

 

という三つについてお話しさせていただいたのです。

 

今回も参加してくださった方が

熱心に自分のケースと置き換えて考えてくださったので

とても盛り上がりました。

 

私自身の失敗談も盛り込みながら

具体的にどういう風に改善していったら良いのか

お伝えできたと思います。

 

今回の話の大きなポイントは

多くの人が

頭で会話をしており

心で会話をしていないということ。

 

自分自身すら

自分の心と繋がらずに

自分の心が何と言ってるか知らないまま会話しているのですね。

 

会話は言葉ではなく

エネルギーです。

 

言葉に乗せるエネルギーが重要なのですが

そのエネルギーというのは

頭からではなく心から出るものなので

 

自分が心と繋がらないで話しているときは

伝わらなくて当然なのです。

 

逆に言えば

心と繋がって心からの言葉だけを話すようになれば

たくさん話さなくても伝わっていきます。

 

もちろんそうなると

嘘はつけなくなっちゃいますけどね。

 

頭の会話と

心の会話

 

どちらが良い悪いではありません。

 

ただ、心から繋がりたいと思った人の場合や

自分のことを理解してもらいたいと思うなら

 

心で感じながら言葉を発することを意識してみるといいと思います。

 

この講座は今回3回目でしたが

1回目、2回目を受講してくださった方から

 

「本当に面白い!」

「これは知らないとまずいよね。」

「実際に家族のコミュニケーションがスムーズになった。」

 

という声を頂いています。

 

私もそうでしたが

私たちは

代々、伝わらないコミュニケーションを引き継いでいます。

だから新しく

伝わるコミュニケーションを学びなおす必要があります。

 

うまくいかないのは

ただ知らないからだけです。

 

もしあなたも

「大切な人ともっと理解しあいたいな」

とか

「自分のことを理解してもらいたい」

「愛されたい」

「満たされたい」

と思うなら

 

伝わるコミュニケーションについて学んでみませんか?

 

 

来週から次のクールをスタートさせる予定です。

決まり次第アップするので

興味のある方は

ご案内を楽しみにお待ち下さいね。

 

一緒に伝わるコミュニケーションを身につけて

豊かな人間関係を育んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。