人と繋がる, 夫にイラっとした時, 夫婦の対話

要注意!夫婦喧嘩で使ってはいけないフレーズとは

大切なあなたへ

 

こんにちは!

大切な人と繋がる極意をお伝えする

天乃陽妃(あまのてるひ)です。

 

今日は夫婦喧嘩で使ってはいけないフレーズについて

お伝えしましょう。

 

喧嘩になる時って

大抵の場合お互いの主張が違う時ですね。

 

相手はAがいいと主張し

自分はBの方が正しいと思う。

 

みたいな時

私たちはつい

自分の主張がいかに正しいか

相手にわからせようとし始めます。

 

まあ、自分の主張の方が正しいと思っているわけですから

それをわかってもらおうと努力する

というところまではよしとしましょう。

 

その時です。

 

自分の主張をわかってもらおうとする時に

使ってはいけないフレーズがあります。

 

なんだと思いますか?

 

それは

「みんなBが正しいって言ってる。」

とか

「〇〇ちゃんもそう言ってた!」

「お義母さんも賛成してくれた!」

「世の中そういうものでしょう!」

 

というフレーズです。

 

つまりですね。

自分の言いたいことを

他の人の力を借りていうってこと。

 

それはやらない方がいいでしょう。

 

自分の主張を通したくなると

つい

みんながあなたをおかしいと思っているとか

みんなが私と同じ意見だ

などと言いたくなります。

 

でも正直

「みんな」は何も関係ありません。

 

二人の間のことで

答えは二人の真ん中にあるのです。

 

そこに他人を持ち出すとフェアじゃないので

のちのち

相手にやり返されたり

相手が離れて行くことになるでしょう。

相手をやり込めすぎてはダメなのです。

 

主張したい時は

あくまで

「私はこう思う!」

にとどめましょう。

 

これは子育ての時も同じです。

子供を諭したい時、注意したい時に

「お母さんはこう思う」でとどめてください。

 

「みんなに嫌われるよ」

とか

「笑われるよ」

みたいに余計な恐れを植え付けるのはやめましょう。

 

夫も子供も

1対1で向き合うこと。

 

それが健全なコミュニケーションです(^^)

 

 

 

 

ブーケ1夫婦のコミュニケーションや自分軸を太くするカウンセリングを行なっています。ブーケ1

カウンセリングのメニューはこちらをご覧ください。 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。