独り言, 自分との対話

まっすぐに 自分自身でいるだけ

こんにちは、対話トレーナーのアマノテルヒです。

 

「人間関係にいのちを吹き込む法」を伝えています。

 

そして「感情の学校」を主催しています。

 

最近

 

色々と感じることがあります。

 

それはもしかすると「風の時代」のせいかもしれません。

 

今までの違和感がなんだったのか

 

次々に明らかになり

 

ああ、やっぱりこっちだったか。

 

と腑に落ちる毎日です。

 

今日、腑に落ちたのは

 

心は「満たす」のではなく

 

「満ちる」のだということ。

 

自分を幸せにしよう。

 

自分を満たそうって言うじゃない?

 

でもそうじゃないんです。

 

自分を丁寧に扱っていると

 

自然に心が満ちてくるんです。

 

そして自分を丁寧に、とは

 

感覚を研ぎ澄ませ

 

心地よいことをさせてあげること。

 

私にとって心地よいこととは

 

例えば、朝日を浴びる、とか

 

サンキャッチャーで部屋の中を虹色にする、とか

 

お気に入りのグラスに水を入れて

 

朝日を浴びせてから飲む

 

とか

 

本当にそういう、とても些細なこと。

 

些細だけど、とっても素敵で

 

極上の輝きがあって

 

そこにある豊かさを

 

心から味わって体験していると

 

ひたひたと心が満ちてくるんです。

 

ブランド物の服を買ったり

 

有名シェフのお店に行く必要はない。

 

(行ってもいいけど;笑)

 

でもなんていうか・・・

 

すぐそこに豊かさはたっぷりあって

 

自分の心が開くと

 

その豊かさで満ち満ちてくるんですね。

 

心の森がどんどん豊かになっていく。

 

心は「満たす」ものではなく「満ちる」もの。

 

幸せは「なる」ものではなく「感じる」もの。

 

感謝は「する」ものではなく「湧いてくる」もの。

 

ちょっとした言葉の違いだけど

 

エネルギー的には全く違う。

 

この違いが腑に落ちると

 

焦ったり、必死で何かをつかもうとしたり

 

頑張らないとダメだ

 

と思わなくなってくる。

 

だっていつでもそこにあって

 

感じさえすればいいことだから。

 

だから自由に

 

心の向くままに

 

ただまっすぐに

 

自分自身でいるだけなのである。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。