人と繋がる, 夫婦の対話

会話と対話は全然違う!対話ができないからすれ違う

こんにちは!対話トレーナーのアマノテルヒです。

 

大切な人や自分自身と、

どのように対話したらすれ違わないのか、ということをお伝えしています。

 

今日は「会話と対話は全然違う、対話ができないからすれ違う」という話をしようと思います。

 

 

あなたはこんな体験をしたことがないですか?

 

親しくなりたいなあと思う人がいて話してみるんだけど、

理解し合えた感じがしない。

 

 

もっと悪いと、いろいろ話すんだけど話せば話すほど決裂してしまう。

心が遠く離れた感じがしてしまう。

 

そんな体験ですね。

 

 

私自身は夫婦の会話の中で、話せば話すほど決裂してしまう、と体験を何度もしました。

一生懸命話しているのに理解しあえない・・・苦しいですよね。

 

 

でもなぜ理解し合えないのか・・・というと

 

 

実は対話ができていないからなんです。

 

 

対話ができていない・・・??

 

 

よく分からない何なの?

 

って思う方が多いと思うんですが、

 

 

対話とは何か、ざっくり簡単に言うと、

 

対話とは

「心を開いて話し、心を開いて相手の話を受け取る」

ということになります。

 

 

でも心を開くって言われるとなんか良さそうだけど、具体的には全然わからない!

って人が殆どだと思うんですよね。

 

では心を開くって何なのか、いくつか角度がありますが、

その中の一つに

 

 

「評価をなくす」ってことがあります。

 

評価をなくす、です。

 

 

私たちは無意識のうちに、

自分が話していること、人の話していることを評価しています。

 

これって正しい?

間違ってる?

恥ずかしくない?

ありえる?ありえない?みたいな・・・

 

 

いろんな角度で評価しています。

 

 

人の話を聞きながら、口に出さなくても

「それありえない〜」って思ってたりしますよね(笑)

 

そんな風に話の内容を評価するのが普通になっているんです。

でもその評価があるとどうなるかというと

 

 

1、実は自分の素直な気持ちを出せなくなる。

 

2、相手の素直な気持ちが見えなくなる。

 

 

って事が起きてしまってるんです。

 

 

評価というフィルターを通して会話をしているので、

素直な心と心のやり取りができなくなってしまってるんですね。

 

 

なので気持ちが繋がらない、すれ違う感覚が残る、ってことが起きています。

 

 

さて、対話についてはたくさんお伝えしたいことがありますが

 

今日のところは「対話とは評価のないコミュニケーション。」

お互いのそのままを表現し、受け取り合う、と覚えていただけたらと思います。

 

 

いかがでしたか?

なにか思うところがあったでしょうか。

 

よかったら、自分が人と話していると時、

どんな評価をしているかチェックしてみてくださいね。

 

 

今日も聞いてくださってありがとうございます。

それではまた!

 

 

★【ふたりの心をつなぐ夫婦の対話 5つのヒント】無料メール講座★

6日間に渡って、

どうして会話がすれ違ってしまうのか

どうしたらつながれるのか

心が繋がる夫婦の対話のヒントをお伝えします。

1日目;心がつながる対話ってどんなもの?

2日目;心がつながる対話に欠かせないものは?

3日目;気持ちが伝わらない?

4日目;自分の【本音】を知って受け入れよう

5日目;お互いの心が自由

6日目;ふたりのつながりが始まり

お申し込み・詳細はこちらです。

 

 

★対話について、別の角度で伝えています!★

片方が押せば、片方が引く!

よかったらご覧ください〜(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。