お客様のご感想, 夫婦の対話

お互いの傷を癒し合う★夫婦と夫婦のパートナーシップセッション

うちは夫もカウンセラーなので

クライアントさんから希望があれば

私たち夫婦 対 クライアントさん夫婦

のセッションを行っています。

 

 

クライアントさんが二人で来てくださる場合

最も気をつけることは

二人ともが十分に言いたいことを言えたと思えることと

どちらの味方もしないこと。

 

 

そのためには

こちらも夫婦で話を聞く方が

良い環境を提供できる気がします。

 

さて、先日来てくださった方は

奥様からのお申し込みでした。

同棲して1年半、結婚して半年という新婚さんです。

 

結婚して半年から1年ぐらい経ち始めると

価値観の違いが目立ってきたり

相手への欲求が強くなってきたりして

ぶつかることが増えていくものです。

 

このお二人も言い争いが増えて

奥様がこのままでやっていけるのか不安になって

いらしたのでした。

 

旦那様の方は

「こんなことにお金出すんだ・・・」

という感じでしたね。

 

でも「奥様が望むなら」と前向きに来てくださいましたよ。

今回はそのお二人からセッション後のアンケートをいただけたので

シェアしますね。

 

奥様 40代女性

1、なぜ、セッションを受けてみようと思いましたか?具体的に教えてください。

パートナーを大切にしたいのに、怒りをぶつけ合ってしまい、自分たちだけでは解けない、専門家の力を借りたいと感じたから。

2、受けてみて、一番良かったことを教えてください。具体的に教えてただけると嬉しいです。

お互いに同じだと気づけたこと。

3、予想外に良かったことはありますか?もしよければ教えてください。

体調面での変化に気づき、さりげなく声をかけてくれたことから、ふたりが医療従事者であったことを思い出した。心と身体(なんという言葉がいいのか分からないけど、エネルギー・魂レベルでも)多角的にクライアントを視ることができるカウンセラーさんは稀有な存在だと思う。それがさらに夫婦でふたり揃っていて、微妙な取りこぼしがないところに、絶対的な安心感を感じる。

4、このセッションのどこに価値があると思いますか?

一滴さんと陽妃さんが同じ道を歩き、乗り越えてきたこと。ふたりが同質で異質であること。どの感情も、どの在り方も、いいんだよとゆるされた気がした。この場所から、自分に(パートナーにも)接してあげられたらいいなと思う。ふたりの在り方から、毎回教わることが本当に多い。

5、どんな人が受けたらいいと思いますか?

お互いを理解し合えないと感じた夫婦。そんなことはないと希望が見えると思うから。周りから理解されないと感じる人。こんなふうに感じるなんて、自分はおかしいんじゃないかと思った時。絡まった感情の糸が優しくほぐれていくと思う。

6、その他に何かありましたらこちらにご記入ください

色んな感情や情報がごちゃごちゃする中、丁寧に仕分け、お互いの幼少期へと導き、そこで繋がるって、他に誰ができるんだろう。ありがとう。彼のことが今までもそうだけど、たぶんもっと好きになりました。

 

 

旦那様 40代自営業

1、なぜ、セッションを受けてみようと思いましたか?具体的に教えてください。

パートナーが申し込んだので。

夫婦間でいつもトラブルが起きていたが、自分たちだけでは一向に良くならなかったので。

2、受けてみて、一番良かったことを教えてください。具体的に教えてただけると嬉しいです。

夫婦だけのコミュニケーションでは、なかなかトラブルがあった時に、自分たちだけではうまくいかなかったが、

お互いを理解しあって、つながり合うところまで行けたのは本当によかった。

3、予想外に良かったことはありますか?もしよければ教えてください。

今までこのような学びを続けてきたこともあるが、1回のセッションでお互いのインナーチャイルドをハグしあえるところまで行けたのは凄いと思った。

4、このセッションのどこに価値があると思いますか?

トラブルを抱えた状況から、お互いにしっかりとつながりを感じるところまで行けたこと。

5、どんな人が受けたらいいと思いますか?

夫婦関係、人間関係を良くしたいが、なかなか自分たちでは良くならない方々。

6、その他に何かありましたらこちらにご記入ください

受けてよかったです!忘れずに日々過ごしたいです。

1回であそこまで行けたのは、今まで癒やしの学びを続けてきたこともありますが、一般の方達も同じような経験ができるといいね!きっとできます。

————————————-

 

今回は、それぞれが感じていることを入り口に

丁寧に感情を掘り下げていきました。

 

パートナーになる人とは

同じ傷を抱えているものです。

 

二人とも子供の頃に受けた傷が

生活の中で浮き上がってきたのでした。

 

最後には

お互いの中に

自分と同じように傷ついた小さな子供を見出し

相手を抱きしめてあげたい、と思うところまでたどり着きました。

 

 

今回はお二人とも

以前に心の勉強をしていた方で

ちょっと上級編だったかもしれません。

 

 

でもパートナーシップの中で

過去の傷を癒しあえる瞬間はとても美しく

立ち会えた私も幸せな気持ちになります。

 

 

一人で癒すのも悪くないけど

誰かと一緒に癒しあえると

ぐっと絆が深まるのです。

 

 

喧嘩は痛みが上がってきている証拠です。

 

 

見方を変えれば

そこから

お互いの傷を癒すステップへと進むこともできます。

 

 

そうやってお互いに傷を癒し合う数が増えれば増えるほど

パートナーシップの絆は深まります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。